menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第17回 攻めの休みを取ればもっと脳が冴える

リーダー脳の鍛え方

会社の先頭を走っているリーダーは、分刻みで日々、仕事に励んでいる方も多いと思います。仕事をバリバリこなすことを求めると、いつでも脳が冴える秘訣が必要になります。しかし、深くしゃがまなければ、高く飛ぶことが出来ないように、いかに休むかということが重要になってきます。
 
以前のコラム(第11回 "脳番地シフト"で脳が働きやすい状態に整える)では、一つの脳番地を集中的に使い過ぎずに、意識的に一番活動する脳番地を変えることで、活性化させた脳番地の休息を促すという「脳番地シフト」を紹介しました。ただ、やはり脳を休ませるには、「睡眠」が一番です。
 
睡眠不足は、ホルモン分泌や自律神経機能に影響を及ぼし、食欲の増大や、糖尿病や心筋梗塞などの生活習慣病になりやすいなどと言われています。また、物事の判断の正確さや、学習効果の低下を招くことも指摘されています。時に、睡眠時間を割くこともあるでしょうが、やらなければならない事、やりたい事を長年続けていくためには、脳も含めた体調の管理のために睡眠をしっかり確保しなくてはいけません。
 
経営者の中には、年、月、日の単位で予定を立てる時、休みから決めていく方もいると聞きます。攻めの休みという視点も大切なのです!
 
では、睡眠時間の目安はどのくらいなのでしょうか?
 
2004年~2014年に出版された英語の論文を対象に睡眠に関わる時間、年齢などの58の用語を元に検索された2412の論文と312の総説を参考に、18名の専門家が推奨睡眠時間を以下のようにまとめています。
 
○若年成人(18-25歳):推奨は7- 9時間  非推奨) 6時間未満、11時間以上
○成  人(26-64歳):推奨は7- 9時間  非推奨) 6時間未満、10時間以上
○高 齢 者(65歳以上):推奨は7- 8時間  非推奨) 5時間未満、9時間以上
 
海外の報告であり、睡眠時間には個人差がありますので、推奨時間より短い睡眠時間でも
日中、活発に活動されている方もおられると思います。ただ、仕事中に眠くなることがある場合には、脳が上手く働いていない状態と考え、睡眠を見直す方が良いでしょう。
 
繰り返しになりますが、睡眠は、脳の状態を整え、記憶の定着や、日中パフォーマンスを上げる役割を担います。脳力を十分に発揮するためにも、寝た時間と起きた時間を記録し、今回お示しした推奨睡眠時間を目安の一つとして見比べ、睡眠時間がそもそも少ないのか、睡眠時間は確保できているが質が影響しているのか(いびきや寝つきが悪い等)、改めて考えてみると良いでしょう。
 
そこで、トップに立つ人ができる今月の月刊脳番地トレーニングは、
1. 休む時間を決めてからスケジュールを立てる。
2.睡眠時間と活動時間を記録し、良好な体調を保てる時間を探る。
 
是非、今月はこの脳トレを実行してみて下さい。
“休みの時間”に注目して、脳のコンディションを整えていきましょう。
経営者と社員の脳の健康のために!
 
 
 
■脳の学校 加藤俊徳氏 最新刊CD

《大好評》医師・脳科学者が教える「金持ち脳と成功脳の鍛え方」CD

医師・脳科学者の加藤俊徳氏が、胎児から100歳以上の老人まで一万人以上の脳画像分析で解明した最先端の脳の世界をもとに、リーダー必須の成功する脳と、運とお金を惹きつける脳のつくり方を体系化。 「最先端の脳の成長の仕組みと鍛え方」、「事業や人生に成功する脳の特徴と能力の伸ばし方」、「運と金を呼び込む脳のつくり方」、「人を動かす人心掌握術」、「脳の仕組みから見た効果的な学び方」…。5つの項目に即し、成功と、運と金をも手に入れる、脳の鍛え方の実務をわかりやすく解説指導。

第16回 言葉をかみ砕いて「伝える力」を磨く前のページ

第18回「脳のパフォーマンスを高める水分補給」次のページ

関連セミナー・商品

  1. 脳の成長と健康スイッチをONにする方法

    音声・映像

    脳の成長と健康スイッチをONにする方法

  2. 加藤俊徳の「社長の脳の使い方」

    音声・映像

    加藤俊徳の「社長の脳の使い方」

  3. 「金持ち脳」と「成功脳」のつくり方

    音声・映像

    「金持ち脳」と「成功脳」のつくり方

関連記事

  1. 第24回「脳番地を使い分けて、文章のミスを減らす方法」

  2. 第21回「”克己心の修養”は感情系脳番地を鍛える」

  3. 第8回 経営者の脳をリセットする方法

最新の経営コラム

  1. 第四十一話 認知度アップの鍵! Instagramを効果的に活用する方法

  2. 第11話 職種によって評価要素ごとのウエイトを加減すべきか

  3. 第148回 中国の不動産バブル崩壊と金融リスクは要注意

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 健康

    第85号 携帯にアンカーリングされていませんか?
  2. キーワード

    第204回 ロボットベンチャー(シリコンバレー視察レポート)
  3. キーワード

    第41回 プロジェクションマッピングが日本の観光をパワーアップする!~建造物や...
  4. キーワード

    【特別号第1回】《日光東照宮鎮座400年記念トップ鼎談》日光市長 斎藤文夫氏×サ...
  5. キーワード

    第106回 帯広の農家
keyboard_arrow_up