menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第27回 『積極思考と習慣』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

ネアカに変身するためには、どうしたらいいだろうか?

その基本的かつ重要なポイントは肯定的人間・ネアカタイプになろうという心がまえ、決意を持つことである。

   “人生は、否定的に考えれば否定的な現実が訪れる。肯定的な考え方をすれば、肯定的な現実が訪れる” 

こうした言葉にはかなりの真実が含まれており、肯定的思考を持ち続けると、
言動や態度が明るく積極的になってくることは間違いない。


ウイリアム・ジェームスという心理学者が面白いことを言っている。

  “腹が立つから拳を振り上げるのではない。拳を振り上げるから腹が立つのだ”
  “悲しいから泣くのではない。泣くから悲しいのだ”

“起きて欲しくないことほど、よく起きる”とは、「マーフィーの法則」で有名なエドワード・マーフィーの言葉だが、
同じマーフィーでも、ジョセフ・マーフィーは、

  “心の奥底で良いことを思えば、良いことが起こる。悪いことを考えれば悪いことが起こる”と言っている。

まさに、「内面が外面を律する」という法則、効果を指摘したものである。


いつも微笑みを浮かべる習慣を身につけていると、いつの間にか明るい人間になってくる。
私自身もスマイルカードを使って、微笑みづくりの習慣をつけよ うとした時期があった。

スマイルカードとは、銀色に加工した紙のカードで、鏡のように顔を映すことが出来る。
とくに二日酔いの日や家庭でトラブルがあったときなどには、どうしても精気の無いさえない顔をしている。
そこで、このスマイルカードを相手に笑い顔をつくってから人に会うようにする。
最初は無理でも、だんだんと笑みが自然に浮かぶようになってきて、その頃には、気持ちも明るくなってくる。


つねにネアカに見えるように振舞っていれば、少なくとも他人に与える印象をネアカに見せることができる。
そうなると、ますますネアカに振る舞うことが自然になってくる。そこまでいけば、しめたもの。
いつの間にか、自他共にネアカ人間と認めるようになって くる。

かの兼好法師は、“聖人の真似をすれば、それはもう聖人になったようなものである”と喝破している。
ネアカ人間たらんと決意したならば、ネアカの真似をすることである。

心理学者の調査によると、通常の人の場合、21日間同じことを続けていると習慣になるそうだ。
ネアカな態度や笑顔づくりも、たった3週間続ければ、ほ ぼ身につくというわけである。

まず、3週間の努力。そうして問題は問題としてとらえながらも、どうしたら解決できるのかと前向きになって取り組む。
どんな難関が目の前に立ちふさ がっていても、周りを明るくして問題解決に取り組む。

そういう意味での『肯定的人間、ネアカタイプ』になりたいものである。



新  将命     

第26回 『リーダーには、ネアカが多い』前のページ

第28回 『逆境に負ける人、のし上る人』次のページ

関連記事

  1. 第11回 人間は”認められたい”生き物

  2. 第190回 『過去の経験と失敗から学べ』

  3. 第23回 『現状否定・対策肯定』

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第72回 『関心を示す』
  2. 製造業

    第191 号 最強のモノづくり レベル1の改善とは
  3. 不動産

    第38回 周辺環境に配慮する事
  4. マネジメント

    中国史に学ぶ(8) 鹿を馬と言いくるめる踏み絵
  5. 経済・株式・資産

    第77話 会社が破たんする原因は資産にある(6)
keyboard_arrow_up