menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.25 自社の利益モデルは一体何だ?

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 「ザ・プロフィット」という本が売れている。利益が出る仕組みを23モデルに分類している内容で、読まれた社長も多いと思う。
 
 是非、自分の会社の「利益が出る仕組み」を確認してみて欲しい。そして、幹部全員が自社のモデルをキチッと認識しているか聞いてみて欲しい。毎日の仕事が、この「利益モデル」を強化する方向で統一できているか、また逆に、意識の中にないのか、年度が新しくなる時期だけにもう一度足元を固めたい。
 
 昨日訪問したK社も3パターンが混在していて苦労しておられた。
 
 社長は、創業者としてゼロから立ち上げた経験から、器用に力点を使い分けておられたが、なかなか社員がついて来られない。
 
 高収益企業は、1つの利益モデルを徹底的に磨き込んでいるところが意外に多いのも事実である。
 
 余談。5~7モデルであれば覚えられるが、23は正直覚えるにはちょっと多すぎだ。

 

Vol.24 誤りのない情勢判断の原則前のページ

Vol.26 お客様は「お金持ち」それとも「貧乏人」?(1)次のページ

関連記事

  1. Vol.47 社内力学が市場力学に勝つと・・・

  2. Vol.96 「売りに強い会社にする」絶対条件

  3. Vol.165 会社の老化現象は、こんなとこにも顕れる

最新の経営コラム

  1. 第22回 常に減価償却を増やすことを考えている

  2. 第175回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方97 「教える時に上手く相手に届くポイント」

  3. 「慶び/喜び」「心より/謹んで」の違いは?ビジネスで使えるお祝いのフレーズ集

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社長業

    《特別対談》「すしざんまい」喜代村 社長  木村清×日本経営合理化協会 牟田學
  2. 経済・株式・資産

    第168話 岸田首相のアフリカ外交に「中国の壁」
  3. コミュニケーション

    第77回 エレガントな言葉づかいが品格を生む
  4. 人間学・古典

    第一話「不況は会社守成の好機」
  5. 税務・会計

    第38号 親が相続を語る時(2)
keyboard_arrow_up