menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.25 自社の利益モデルは一体何だ?

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 「ザ・プロフィット」という本が売れている。利益が出る仕組みを23モデルに分類している内容で、読まれた社長も多いと思う。
 
 是非、自分の会社の「利益が出る仕組み」を確認してみて欲しい。そして、幹部全員が自社のモデルをキチッと認識しているか聞いてみて欲しい。毎日の仕事が、この「利益モデル」を強化する方向で統一できているか、また逆に、意識の中にないのか、年度が新しくなる時期だけにもう一度足元を固めたい。
 
 昨日訪問したK社も3パターンが混在していて苦労しておられた。
 
 社長は、創業者としてゼロから立ち上げた経験から、器用に力点を使い分けておられたが、なかなか社員がついて来られない。
 
 高収益企業は、1つの利益モデルを徹底的に磨き込んでいるところが意外に多いのも事実である。
 
 余談。5~7モデルであれば覚えられるが、23は正直覚えるにはちょっと多すぎだ。

 

Vol.24 誤りのない情勢判断の原則前のページ

Vol.26 お客様は「お金持ち」それとも「貧乏人」?(1)次のページ

関連記事

  1. Vol.84 「部長・取締役に登用する大切な大切な条件(力)」

  2. Vol.57 今期の重点戦略の進捗状況を加速させる

  3. Vol.82 ”情報を太くする”と商売も太くなる

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 仕事術

    第96回 スポーツ観戦は高画質4K有機ELテレビで!
  2. キーワード

    第7回 企業を揺るがす『ICT(情報通信技術)事件』を防げ!
  3. マネジメント

    逆転の発想(46) 使える権威は利用する(織田信長)
  4. 健康

    第70号「体罰なしの指導でも強くなる」
  5. 経済・株式・資産

    第69回「現在のドル高・円安を考える」
keyboard_arrow_up