menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第78回 『やめる、という選択』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

 人事担当者に聞くと、社員の採用面接の際に、学業成績が優秀であるかどうか以前にチェックするのは、明るく、元気が良いかということだという。神経が太いぐらいの方が、評価は高い。

 ビジネスマンの間で、「うつ」が猛威を奮っている。「うつ傾向」も含めると、かなりの確率で、ストレスにより心を病む人が多いのだ。
 現代はストレス社会だ。いろいろなビジネスマンと話していると、暗たんとする閉塞感を感じることが少なくない。
 この時代を生きていくためには、ストレスマネジメントのスキルを身につける必要がある。

 ストレスマネジメントの極意は「捨てること」である。
 あれもこれもと抱え込んだあげく、精神的に身動きがとれなくなる。自分で自分に課したものの大きさに押しつぶされてしまうのだ。
 ヤル気まんまんの人ほどおちいり易い落とし穴なので、身に覚えのある人は、手に余るものの一部を「捨てること」を自らに強制した方がよい。

 私が管理職の階段を登り始めた頃、ゴルフはビジネスマンの必須科目。営業活動はゴルフ場のグリーンの上でやる、と考えられていた時代だった。
 だが、私は、30代半ばで敢然とゴルフをやめることを決意した。
 ゴルフに出かけると、週末の一日が完全に潰れてしまう。週末の一日は、もっと有効に使える。有効に使いたい。そう考え、ある日、ゴルフ訣別宣言を行なったのだ。

 ストレスの大きな原因のひとつに、過剰な仕事がある。しなければならないことが多すぎるのだ。
 だが、それらの仕事は、すべて絶対にしなくてはならないことだろうか。自分の手から離し、誰かに任せることだってできるはずだ。アウトソーシングを考えてもよい。機械化はどうか。やり方を変えてみては…?

 手から離すことの不安は、誰でもある。「ちょっとムリしてでも、自分でやった方が納得がいく」ということもあるだろう。
 だが、それをやっている限り、手元はいつまでたっても整理できない。やがて、手元が錯綜し、収拾できなくなる。その先が、「うつ」であるケースも稀ではない。

 ドラッカー博士は、著書『プロフェッショナルの条件』の中で、仕事を整理するために大切な3つをあげている。

 ひとつめは、「する必要のない仕事」を見つけること。コツは、しなかったらどうなるかを考えればいい。やめても問題のないことを、実に多くしているものだ。
 2つめは、「ほかの人間でもできることは何か」を考えること。人にできることを任せれば、その人は育ち、自分は、本来自分が行なうべき仕事に専念できる。
 3つめは、「自分が他人の仕事を妨げているようなこと」はないか、考えてみることだ。自分が納得するために、部下に同じような報告を何度も求めてはいないだろうか。いったん任せたはずなのに、何度も口をはさんでいないだろうか。

 ムダを捨て、手元を整理し、心にスペースをつくると、さわやかに仕事に邁進できる。

第77回 『フルコンディション』前のページ

第79回 『わかるはず』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

  2. 会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

    音声・映像

    会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

  3. ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

    音声・映像

    ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

関連記事

  1. 第64回 『管理する側、される側』

  2. 第103回 『こだわりを捨てる』

  3. 第73回 『おカネとヤル気の法則』

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社長業

    Vol.70 業界内の1匹狼をマークせよ
  2. 後継者

    第8回 親側の教育 リタイアは歓喜
  3. コミュニケーション

    第43回 変化の時期こそ、体を大切に言葉でまわりを労わろう
  4. 経済・株式・資産

    第67話 所有不動産に仮差押・差押をされたら…(4)
  5. 人事・労務

    第29話 正社員の評価とは
keyboard_arrow_up