menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第130回 『コミュニケーションでの覚悟』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

 
相手が日本人であれ外国人であれ、
人と接していて意思疎通がうまくいかない時に、
よくいうセリフがある。
 
「社会的背景が違う」
「価値観が違う」
「日本人は特別だ」…。
 
あるいは、
「コミュニケーション・ギャップでした」という、
一見カッコよさそうに響く(?)弁解が横行している。
 
しかし、これらの弁解を正しく意訳すれば、
それはむしろ、
「私の話し方が足りなかった」、あるいは、「不適切だった」
ということに他ならないのではないだろうか。
 
私なりに意思疎通がうまくいかない原因を考えてみると、4つある。
 
まず一番目に、
そもそも相手に伝えたいポイントが、自分でもよく分かっていない。
 
二番目には、
分っていても、よく整理されていない。
 
三番目には、
相手と波長が合っていない。つまり、
相手に分る感覚や言葉や表現で言っていない。
 
 
英文のビジネス文書を勉強した人なら知っていることだが、
“You-Attitude(相手側に立った態度)”という表現がある。
 
相手の立場や考え方の波長に合わせて、ものを表現するということである。
 
例えば、5歳の子供に“児童立入厳禁”と書いた立札を見せても、
子供には漢字が読めないから、その場に入ってしまう。
しかし、ひらがなで、“あぶないから はいっては いけません”
と、子供にも分かる表現を使ったら、その場に入るだろうか…。
 
これが、“You-Attitude”の最も単純な例である。
古来、「人をみて法を説け」ともいうではないか。
 
四番目の原因としては、
言ったことの事後の確認を怠っている。
そのため、誤解のまま話が進展・拡大してしまう。
 
もし、コミュニケーション・ギャップを生ずる原因がこの4点ならば、
これを無くすには、これらと逆のことをすればよい。
 
 
真に他人とコミュニケーションするときに
覚悟しておかねばならないことが、2つある。
 
ひとつ目は、コミュニケーションにおいては、
「自分が相手に何を伝えたか」「何を伝えたと思ったか」
が重要ではなくて、
「実際に相手に何が伝わったか」
が大事なのだという点を、わきまえることである。
 
とかく、“こう言ったハズなのに……”というケースが多すぎる。
 
ふたつ目としては、
よほど万全を期して完璧なコミュニケーションをはからない限り、
自分なりに一応コミュニケートしたなと思った状況では、
相手には、「言いたいことの30%ぐらいしか伝わっていないものだ」
というのが私の経験である。
 
自分の言いたいことの70%が相手に正しく伝わるケースはむしろ例外で、
そうであったときは、逆立ちして喜んでもいいくらいだ。
 
下手をすると、真意がまったく逆に伝わっていることさえ多々ある
という危険をあらかじめ認識しておく必要がある。
 
 
私たちビジネスマンは、お互いに忙しいので、以上の2つをわきまえたうえで
口頭によるコミュニケーションを行えばよいが、話の内容によっては、
文書でフォロー・アップして確認した方がよい場合もあるので掲げておきたい。
 
まず、会社の基本政策や規定に関するもの。
二番目:法律的な問題。
三番目:数字をともなった内容。
四番目:内容が複雑な問題。
五番目:複数の部門に関する問題。
 
以上は、文書で確認したいものである。
 
 
かつての軍隊には、「復唱」という
素晴らしいコミュニケーション・テクニックがあった。
 
ビジネスでも、どんどん応用すべきであると思う。
 
「コミュニケーション・ギャップでした」という言葉を、
社内から追放したいものである。
 
 

第129回 『頼る』前のページ

第131回 『分散化のメリット』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

  2. 会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

    音声・映像

    会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

  3. ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

    音声・映像

    ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

関連記事

  1. 第83回 『好きを探す、から、好きになる』

  2. 第28回 『逆境に負ける人、のし上る人』

  3. 第91回 『自分を活かすおカネ』

最新の経営コラム

  1. 第110回 QRコード

  2. 第87回 『育児休業は分割して取得できるの?!』

  3. 老舗「徳川商店」永続の秘密(7) 外敵対処の失策

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(49) 歴史は必然「if(もしも)」はない
  2. マネジメント

    交渉力を備えよ(24) 日露戦争の戦費調達を託された高橋是清の苦闘
  3. マネジメント

    人を活かす(8) 上杉謙信の新人抜擢術
  4. 社長業

    第5回「全てのことは願うことから始まる」
  5. 社員教育・営業

    第107回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方28 チームとしての協力
keyboard_arrow_up