menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第169回 『経営の生産性を高める』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

ビジネスの世界で、リエンジニアリングという言葉が、
もてはやされたことがあった。

リストラが企業の再構築であるのに対し、
リエンジニアリングは、
「経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報…)の利用効率を最大限に高めるプロセスの再設計」、
または、
「既存組織や機能をバラバラにして捨て去り、まったく新しいプロセスを描くこと」
をいう。

とすれば、別にリエンジニアリングという言葉は意識はしなくとも、
多くの企業が大なり小なり実行しているのではないか。

なんでも流行りものにはとりあえず反対するという歪んだ性格の私には、
なぜ「リエンジニアリング」が流行ったのかよくわからなかった…というのが本音である。


経営の生産性を高めるための「修正」の部分にスポットをあててみたい。

生産性とは「効果と効率の積」のことであり、
ここで重要なのは、「仕事の仕組みと優先順位づけ」である。
とかく見逃しがちなこの点について指摘したい。

およそ会社の仕事は、分類してみると次の三つに分けられる。

(1)
どうしてもやらねばならない仕事:
これをやらないと会社の存続が不可能になる、という類の仕事である。
メーカーが製品を作るのをやめたら、その会社が潰れるのは時間の問題である。
つまり、MUSTの部分である。

(2)
やるならやるにこしたことはないという感じの仕事:
実は、これが絶対的に多い。
膨大な数のレポート、書類、報告書作りなど、少なくと半分は体裁づくりのための作業であり、
なくしたからといって実害はない。
夜のつき合いや接待ゴルフなどもしかり。

(3)
不必要な仕事:
厳密にいえば、優先順位の観点から、排除するか、ないしは先延ばしした方が
全体の経営資源の有効活用につながるといった種類の仕事である。
こういう内容の仕事は、全体の三割ぐらいはあるということを、私は経験上知っている。

(2)の割合が五割、(3)が三割とすると、単純な計算の結果、
(1)のどうしてもやらねばならない仕事というのは、二割ということになる。

と考えてみて思い当たるのが、「入力の20%が出力の80%をもたらす」という
イタリアの経済学者パレートの法則である。
  「仕事の重要度を十分に吟味して、
   優先順位の高い20%のみ集中しなさい。
   そうすれば、80%の結果は出ます。」
という経験則であり、この法則はそのままビジネスにもあてはまる。

「あれもこれも」ではなく、「あれかこれか」が大切であり、
Do it right(正しく行う)よりも、
Do the right thing(正しいことを行う)という考え方である。

リエンジニアリングによる「革新」もよいが、
その前に、パレートの法則の応用による「修正」を行っただけでも、
企業の生産性は著しく改善することは確かである。

第168回 『 動く組織、動かぬ組織』前のページ

第170回 『「反対」や「提案」も三度までが鉄則』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

  2. 会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

    音声・映像

    会社と社長個人の5大リスク対策セミナー収録

  3. ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

    音声・映像

    ジャパネットたかた創業者「高田 明の経営法」セミナー収録

関連記事

  1. 第4回 社員を平等に扱うな

  2. 第136回 『才子よりも、君子をめざせ』

  3. 第193回 『5年、10年単位で目標を設定できる人』

最新の経営コラム

  1. 第87回 サスティナブル(持続可能性)

  2. 第65回 子供に自社株を譲るときの注意点

  3. 人望を築く「脳の大原則」
    西田文郎氏(株式会社サンリ 会長)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. サービス

    116軒目 《おいしいそばを手軽に》瀬谷そば @横浜市瀬谷区
  2. 戦略・戦術

    第33回「資本主義の現在、未来を学べる中東!? Part2」
  3. 不動産

    第36回 斜面地は「 開発行為 」等が必要なので地価が安くても仕入れない事
  4. マネジメント

    第37回 質問「企画力のある社員の育て方を教えてください」
  5. 経済・株式・資産

    第48話 社長の連帯保証をはずせる会社、はずせない会社
keyboard_arrow_up