menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第三十話 「多々益々弁ず」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

西漢の祖 劉邦の三傑といわれた韓信が謀反のかどで主君劉邦に捕らえられたことがある。

その劉邦があるとき韓信に向かって諸将がどのくらいの兵の将になることができるかと尋ねた後で
“自分はどのくらいの兵の将になれるだろうか”と尋ねた。

韓信は“陛下はせいぜい十万の将となるに過ぎないでしょう”と答えると“韓信、おまえなら何人の将になれるか”
と聞かれ“わたしは多々益々弁ず。多ければ多いほど上手に使いこなします”

“多々益々弁ずる者がなぜ私の虜になったのか”これに対して韓信は、“陛下は兵士の将となることは不得手ですが、
しかし将軍達の将となる力を持っておられます。これが私のとりこになった理由です。そのうえ陛下は
天がこの世に授けて人君とされた方で人間の力で人材となったのではありません”と

この漢の祖、劉邦を十八史略はこうのべている。“隆準にして龍顔、 美しゅ髯なり、左の股に七十二の黒子あり。
寛仁にして人を愛す。意豁(いかつ)如たり、大度あり。家人の生涯を事とせず。(顔を鼻が高く、龍のような顔で、
美しいあごひげが生えており、左のももに七十二のホクロがあり、性格は心が広く、情深く、人を愛し、
気持ちがからりとしている)

また、呂公という人相をよく見る人からは“自分は人をよくみているが劉邦にまさる者はいない”。ついては、
自分に一人の娘がいる、どうかそばにおいて掃除女に使ってくれと言われた。これが皇后の呂后である。

より多くの人の上に立つ条件を知ることができよう。

 


※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第二十九話 「二卵を以て干城の将を棄つ」前のページ

第三十一話 「功労」次のページ

関連記事

  1. 第三十九話 「前車の覆すは後車の戒め」

  2. 第四話 「呼びつけできない部下を持て」

  3. 第五話 「名君と暗君」

最新の経営コラム

  1. 第23回「他者志向と自己犠牲」

  2. 第137回  広角レンズ替わり?スマホカメラ裏技

  3. 第132回『エンニオ・モリコーネ 映画音楽術』(著:ジュゼッペ・トルナトーレ)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マーケティング

    第3話 「ネットで180万円の商品を売り続ける男!」
  2. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(29) ナポレオン軍、冬に飲み込まれ自壊
  3. キーワード

    第64回(「無料&放置の“オープン戦略”で活気を呼び込む はんだづけカフェ」)
  4. 戦略・戦術

    第119話 TIBOR(東京銀行間取引金利)がどんどん下がっています
  5. マネジメント

    第161回 物語になるくらい強い想いを持つ
keyboard_arrow_up