menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第96回 バレンタイン2013

高島健一の「社長のメシの種」

096-1.jpg

 ライフメディア・リサーチが毎年行なっている「20歳から59歳の女性を対象にしたバレンタインデーに関する調査」では、今年のバレンタインデーに何らかのチョコレートを用意した人は68%だった。

 内容を詳しく見ると、本命チョコ43.3%、義理チョコ37.9%、自分チョコ23.2%、友チョコ14.1%で、「本命チョコ」を用意する割合は30代が49%と多く、20代はチョコレート以外のものも用意する人が52%と半分以上、本命へのチョコレート以外の贈り物では、手料理35%、手紙32%、ファッション雑貨29%、洋服13.3%の順となっている。
 
 義理チョコは父親が45.8%と断然多く、次いでその他の家族30.2%、息子26.3%と家族が続き、男性上司25.1%、男性同僚23.7%、社外の仕事関係の男性5.9%などの仕事関係は少なかった。
 これは「バレンタインデーはどのようなもの?」という質問に対して、「配偶者や彼に愛や感謝を伝える日」が39.8%と最も多くなっていることにも現れており、バレンタインデーの捉え方が「女性から男性へチョコレートを贈る日」というものから、「身近なひとへの感謝を伝える日」へと変化していることが伺える。
 
■バレンタイン商戦
 日本でのバレンタイン商戦は、毎年新宿伊勢丹で行われる「サロン・デュ・ショコラ」というチョコレートの祭典から本格化するが、ここで売っていたような美しく、美味しく、高価なチョコレートは「自分チョコ」として買ってゆく人が多い。
 
096-2.jpg
 
 今年大行列となった1,600点限定の「Les Medailles(受賞ボックス)」という受賞ショコラだけを集めた宝石箱のようなセット(10個入、5,040円で)は、パリのサロン・デュ・ショコラの主催者のフランソワ・ジャンテ氏がデザインした3Dホログラムを使ったパッケージも特徴で、ショコラの原点であるマヤ文明とカカオの実が、現代の名工の手で「ショコラ」へと変わる様子を表現したものだそうだが、「自分チョコ」はパッケージも重要な要素のようだ。
 
096-3.jpg
 
 今年のバレンタイン商戦は、前半戦の自分チョコ、後半戦の義理チョコとも全般的に好調で、売り場には大勢の人が訪れていた。
 今年は2月14日が3年ぶりの平日ということもあり、「感謝を伝える」という意味で近年減っていた「義理チョコ」が復活しており、売上に貢献した。
 
 ネットでの販売も好調で、「高島屋オンラインストア」は売り上げが初めて1億円の大台を突破する見通しだという。
 twitterは2月14日に「チョコ」という言葉を含んだ「Twitter」へのtweet(投稿)が1日で200万件を越え、「バレンタイン」の112万tweetを上回ったと発表したが、チョコレートを中心にバレンタインデーは今後も2 
月の重要な販売イベントとなりそうだ。
 
======== DATA =========

●20歳から59歳の女性を対象にバレンタインデーに関する調査http://research.lifemedia.jp/2013/02/130206_valentine.html

 
●サロン・デュ・ショコラ
http://www.salon-du-chocolat.jp/
新宿伊勢丹の開催期間:1/23~1/28
 
●高島屋オンラインストア
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/

第95回 エキナカ前のページ

第97回 化粧品の新しい売り方次のページ

関連記事

  1. 第29回 令和の時代

  2. 第76回 モバイルオーダー

  3. 第178回 オムニチャネル

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第3話 「これ、ちょっと考えてくれるか?」
  2. 社長業

    Vol.41 業績を急伸させる「M&A戦略」の2大視点
  3. マネジメント

    故事成語に学ぶ(27)小利を顧みるは、すなわち大利の残
  4. 税務・会計

    第13回 大きくなれば会社と風船は壊れてしまう
  5. 戦略・戦術

    第256号 6兆7000億円
keyboard_arrow_up